目を閉じておいでよ BARBEE BOYS バービーボーイズ



目を閉じておいでよはBARBEE BOYS(バービーボーイズ)の1989年1月1日リリースの11枚目のシングルで、16.8万枚の売り上げとオリコン週間最高順位7位を記録するBARBEE BOYS(バービーボーイズ)自身において最大のヒット曲となりました。

資生堂のCMソングとしても採用されています。

女ぎつねon the Run BARBEE BOYS バービーボーイズ



BARBEE BOYS(バービーボーイズ)はKONTA(近藤敦)、杏子、いまみちともたか(イマサ)、ENRIQUE、小沼俊昭(コイソ)の5人で構成されたロックバンドで1984年「暗闇でDANCE」でデビューして1992年に解散しています。

女ぎつねon the Runは1987年4月1日リリースの7枚目のシングルで、アサヒ飲料のCMソングとして起用されヒットして今後の活躍のきっかけになりました。私個人としては1986年の「負けるもんか」も印象に残っています。

もうひとつの土曜日 浜田省吾



もうひとつの土曜日は浜田省吾さんの1985年5月22日リリースの18枚目のシングルで、LONELY-愛という約束事のB面の曲です。

浜田省吾さんの代表的なバラード名曲です。

MONEY 浜田省吾



MONEYは浜田省吾さんの1984年10月21日リリースの曲で、アルバム『DOWN BY THE MAINSTREET』に収録されシングルカットはされていません。しかし浜田省吾さんの曲の中では知名度が高く人気のある名曲です。

悲しみは雪のように 浜田省吾



悲しみは雪のようには浜田省吾さんの1981年11月21日リリースのシングルで、1992年にテレビドラマ愛という名のもとにの主題歌としてリメイクされたバージョンがあります。

この1992年バージョンは170万枚の売り上げと歴代9位のオリコンチャート10週の1位を獲得する大ヒット曲となりました。浜田省吾さん自身においても最大のヒット名曲となりました。

片想い 浜田省吾

きーわー

浜田省吾さん(愛称 浜省(ハマショー))は1975年にロックバンド愛奴のメンバーでドラムス担当とデビューしてから、ソロとして現在に至るまで活躍しているシンガーソングライターです。心に残る名曲を多く残しています。

片想いは1979年4月21日リリースの愛を眠らせてのB面の曲で、アルバム『Illumination』からのリカットです。切ない恋を歌い上げた初期の頃の浜田省吾さんの代表曲です。

渚にまつわるエトセトラ PUFFY パフィー



渚にまつわるエトセトラは1997年4月16日リリースのPUFFY(パフィー)4枚目の大ヒットシングルで、デビュー曲から4曲連続となるミリオンヒットを記録しています。

キリンビバレッジのタイアップCMソングともなっています。

私個人としてPUFFY(パフィー)の中で一番好きな曲です。

これが私の生きる道 PUFFY パフィー



PUFFY(パフィー)のこれが私の生きる道は1996年10月7日リリースの2枚目のシングルで、オリコンシングルチャートにおいて3週連続という初の1位を記録しました。PUFFY(パフィー)自身最大のヒット名曲となっています。

資生堂のCMソングや1997年の選抜高等学校野球大会入場行進曲にも起用されています。

アジアの純真 PUFFY パフィー



PUFFY(パフィー)は大貫亜美さん、吉村由美さんの2人で結成された女性デュオグループで、1996年から現在にかけて活躍しています。

アジアの純真は1996年5月13日リリースのデビューシングル曲で、ミリオンとなるいきなりの大ヒットとなりPUFFY(パフィー)が世に知れ渡りました。本人達自ら出演したキリンビバレッジのCMソングとしても有名でした。

時をかける少女 原田知世



原田知世さんは1982年テレビドラマ「セーラー服と機関銃」でデビューした女優で、歌手でもあります。

時をかける少女は主演した映画の主題歌で、彼女自身が歌い上げシングルの総売上げが50万枚を超える大ヒット名曲となりました。原田知世さん自身においては最大の記録となっています。

現在においても映画、テレビドラマ等で活躍しています。

ff フォルティシモ ハウンド・ドッグ



ff フォルティシモはハウンド・ドッグの1985年リリースの曲で、50万枚を超える売り上げを記録して、オリコンでも11位というハウンド・ドッグの代表する大ヒット名曲となりました。

日清カップヌードルのCMソングとしても起用されました。

浮気な、パレット・キャット ハウンド・ドッグ



ハウンド・ドッグは、1976年に結成された大友康平さんを中心とするロックバンドです。

浮気な、パレット・キャットは1982年のナンバーで作詞・作曲:NOBODYが担当しており後にセルフカバーしています。カネボウ化粧品のCMソングに採用されています。

踊れるロックンロール名曲だと思います。

Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。 浜田麻里



浜田 麻里さんは1983年にメジャーデビューしたシンガーソングライターです。

Return to Myself 〜しない、しない、ナツは1989年リリースの浜田麻里さん9枚目のシングル曲で、オリコンシングルチャートで1位を獲得の大ヒット曲となりました。彼女自身においても最高のヒット名曲となっています。カネボウ化粧品'89 夏のキャンペーンCMソングにも採用されています。

夏色のナンシー 早見優



早見 優さんは1982年4月21日シングル曲「急いで!初恋」でアイドル歌手としてデビューしました。。この曲で第24回日本レコード大賞の新人賞を獲得するヒットとなり、その後の曲も多くのヒット名曲となっています。アメリカンスクール卒業で英語が堪能なことでも知られています。

夏色のナンシーは1983年度コカ・コーラのCMイメージソングで、早見優さん自身出演しています。オリコンチャートでも7位にランクされました。

アイドル歌手以外にも女優、タレントとして映画、テレビドラマ、バラエティー番組などで活躍しました。

フィーリング ハイ・ファイ・セット



ハイ・ファイ・セットは、1974年結成し1994年解散まで活動したコーラスグループです。メンバーは元フォークグループ「赤い鳥」にいた山本潤子さんと山本俊彦さん(夫婦)と大川茂さんの3人です。1975年、荒井由実さんが作詞・作曲した「卒業写真」でデビューしました。

フィーリングはハイ・ファイ・セットの1977年発表の大ヒット曲で、1975年ブラジルのシンガーソングライター、モーリス・アルバートの愛のフィーリングをカバーした曲です。この曲でNHK紅白歌合戦にも出場しています。

スローテンポで大人のムードあふれるすばらしいコーラス名曲だと思います。

「いちご白書」をもう一度 バンバン



バンバンはばんばひろふみさん、高山厳さん、今井ひろしさんからなるフォークグループです。

名曲「いちご白書」をもう一度は1975年8月にリリースしたシングルでオリコンでの1位を獲得し、1975年の年間順位でも第13位に輝きました。作詞・作曲はあの有名なユーミンこと荒井由実さんが担当しました。
SEOSEOツール

アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。