Get Along Together-愛を贈りたいから- 山根康広



山根康広さんはシンガーソングライターで、Get Along Together-愛を贈りたいから-は1993年1月21日のデビューシングルGet Along Togetherのリメイク版として1993年9月6日にリリースされました。

累計売上出荷枚数は174万枚となりミリオンセラーを記録する大ヒット曲となりました。現在においても数多く歌われているラブソング名曲のひとつです。

赤道小町ドキッ 山下久美子



山下久美子さんはシンガーソングライターで、1980年『バスルームから愛をこめて』のシングルでデビューしました。BOØWYの布袋寅泰さんと結婚しましたが、離婚しています。

赤道小町ドキッは1982年4月1日リリースの6枚目のシングルで、オリコンシングルチャートにおいて2位を記録して山下久美子さん自身初の大ヒット名曲となりました。

カネボウのCMソングに採用されたことが大ヒットの大きな要因となっています。

春咲小紅 矢野顕子



矢野顕子さんはアメリカ在住のシンガーソングライターです。幅広いジャンルの曲が特徴で現在に至るまで活動しています。

春咲小紅は1981年2月1日リリースの枚目のシングルで、オリコン週間シングルチャートで5位、年間シングルチャートでも38位を記録する大ヒット名曲となりました。

カネボウのCMソングにも起用され当時よく聴きました。

安田成美 風の谷のナウシカ



安田成美さんは1981年から主に女優で活躍しています。木梨憲武さんの妻としても知られています。

映画のイメージソング風の谷のナウシカは1984年安田成美さんの歌手デビューの曲で、オリコンシングルチャート10位の大ヒット名曲となりました。

クリスマス・イブ  山下達郎




クリスマス・イブは、1983年12月14日山下達郎さんリリースのクリスマス定番ソングで、1983年〜2000年代に渡るロングヒット曲となりました。

JR東海のCM曲として有名で、多くの人が知っていると思います。総売り上げ200万枚、オリコンでも24年連続100位以内という名曲のひとつです。

Ride on Time ライド・オン・タイム 山下達郎



山下達郎さんは1976年ソロデビューしました。シンガーソングライター、作曲家、編曲家、音楽プロデューサーと多岐に渡って活躍しました。1982年プロデューサーを担当していた竹内まりやさんと結婚しました。

RIDE ON TIME(ライド・オン・タイム)は、1980年5月1日リリースの通算4枚目のシングルで大ヒット名曲となりました。日立のカセットテープのCMソングでもありました。

時間よとまれ 矢沢永吉



誰もが知っている国民的スター、通称「永ちゃん」こと矢沢永吉さん。1972年CAROLを結成1975年解散してI LOVE YOU, OKでソロデビューしました。

時間よとまれは1978年3月21日リリースの永ちゃんのヒット代表名曲の一つです。3週連続オリコンシングルヒットチャート1位を記録しています。資生堂のCMソングとしても有名でした。当時私もレコードを買ったのを記憶しています。

メドレー 山口百恵





数々のシングルの伝説的ヒットを記録して、多くの名曲を残した1970年代を代表するアイドル山口百恵さん。選曲難しいのでメドレーをアップしました。

山口百恵さんデビューは1973年4月、映画『としごろ』に出演し、5月21日に同名の曲で歌手と俳優でデビューしました。当時森昌子さん・桜田淳子さんと共に花の中三トリオと呼ばれていました。

山口百恵さんは俳優の三浦友和さんと結婚したのは有名なことで、殆どの人が知っていると思います。長男の三浦祐太朗さんはロックバンドPeaky SALTのボーカル&ギター担当のユウ、二男の三浦貴大さんは俳優として活躍しています。やはり親の影響は大きいですね。

代表シングル曲と順位
としごろ 1973.05.21 37位、青い果実 1973.09.01 9位、禁じられた遊び 1973.11.21 12位、春風のいたずら 1974.03.01 11位、ひと夏の経験1974.06.01 3位、 ちっぽけな感傷 1974.09.01 3位、冬の色 1974.12.10 1位、 湖の決心 1975.03.21 5位、 夏ひらく青春 1975.06.10 4位、 ささやかな欲望/ありがとう あなた 1975.09.21 5位、 白い約束/山鳩 1975.12.21 2位、 愛に走って/赤い運命 1976.03.21 2位、横須賀ストーリー 1976.06.21 1位、 パールカラーにゆれて 1976.09.21 1位、 赤い衝撃 1976.11.21 3位、 初恋草紙 1977.01.21 4位、夢先案内人1977.04.01 1位、 イミテイション・ゴールド 1977.07.01 2位、秋桜 1977.10.01 3位、赤い絆(レッド・センセーション) 1977.12.21 5位、乙女座 宮1978.02.01 4位、 プレイバックPart2 1978.05.01 2位、絶体絶命 1978.08.21 3位、いい日旅立ち 1978.11.21 3位、美・サイレント/曼珠沙華 1979.03.01 4位、 愛の嵐 1979.06.01 5位、しなやかに歌って 1979.09.01 8位、愛染橋 1979.12.21 10位、 謝肉祭 1980.03.21 4位、ロックンロール・ウィドウ 1980.05.21 3位、さよならの向う側 1980.08.21 4位、一恵 1980.11.19 2位、惜春通り 1994.04.21 34位。

パープルタウン 八神純子



パープルタウンは、1980年7月にリリースされた八神純子さんの9枚目のシングルでオリコンでの最高順位は惜しくも2位止まりでしたが、1980年の年間第19位記録をしています。またシングル売り上げが56万枚を超え、『みずいろの雨』に続く2番目の大ヒット名曲となりました。

八神純子さんのパープルタウンはニューヨークが舞台ですがすばらしくはまっています。

イギリス人と結婚してアメリカ在住2人の子供がいる模様ですが、2001年以降日本での活動はしていなくもう日本では八神純子さんを見る事ができないでしょうか・・・。

みずいろの雨 八神純子



八神純子さんは愛知県出身のシンガーソングライターで(株)八神製作所第4代会長の八神良三の長女として生まれ、約3000坪の邸宅という恵まれた環境で育ちました。幼少の頃より歌が大好きだったようです。

みずいろの雨は1978年9月に発売され爆発的ヒットはありませんでしたが、徐々にチャートを上げ翌1979年の始めにかけてシングル売り上げが58万枚を超えるというロングヒット名曲となりました。

当時TBSのザ・ベストテンにみずいろの雨で初登場して、最高順位は2位でしたが9週連続でランクインしました。私も当時良く見ていた記憶があります。

歌唱力がかなりあり、作曲センスもオリジナリティーが高くて大人ぽく大変良いシンガーだと思います。

SEOSEOツール

アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。