激しい雨が THE MODS ザ・モッズ



THE MODS(ザ・モッズ)は1974年に結成されたロックバンドです。

激しい雨がは1983年9月21日にリリースされたシングルで、maxellカセットのCMソングにも採用されています。

会いたい 沢田知可子



沢田知可子さんはシンガーソングライターで、1987年恋人と呼ばせてでデビューしました。

会いたいは1990年6月27日リリースの曲で、テレビ番組トゥナイトのエンディングテーマに採用されたのをヒットしたのを機に、アルバム『I MISS YOU』からシングルカットされました。売上げは130万枚を記録して沢田知可子さん自身において最大のヒット曲となりました。

ダウンタウンボーイ 佐野元春



ダウンタウンボーイは佐野元春さんの1981年10月21日リリースの5枚目シングルで、この曲も佐野元春さんの代表名曲の一つです。

SOMEDAY 佐野元春



SOMEDAYは佐野元春さんの1981年6月25日リリースのシングルで、発売当時は売れませんでしたが、後に発表した同タイトルのアルバムが大ヒットとなり佐野元春さんの代表する名曲の一つとなりました。

2000年代に入ってもCMや映画に使用されています。

アンジェリーナ 佐野元春



佐野元春さんは1980年3月21日このシングル「アンジェリーナ」で歌手デビューして以来、多様な音楽のジャンルで多くの名曲を残しています。現在に至るまで活動をしています。

TSUNAMI 太陽は罪な奴 サザンオールスターズ





TSUNAMIは、2000年1月26日発売のサザンオールスターズの44枚目のシングルで、サザンオールスターズ自身においても2000年末までに300万枚という売り上げで最高の大ヒット曲になりました。

第42回日本レコード大賞でも大賞受賞という栄誉も獲得しています。サザンオールスターズ一番の名曲でしょう。

私個人では1996年の太陽は罪な奴が一番好きです。

チャコの海岸物語 ミス・ブランニュー・デイ サザンオールスターズ





チャコの海岸物語は、1982年1月21日発売サザンオールスターズの14枚目のシングルで大ヒットを記録して、オリコンチャート最高順位2位を獲得しました。NHK紅白歌合戦の出場も果たしています。

1980年代代表曲にミス・ブランニュー・デイもあります。

勝手にシンドバッド いとしのエリー サザンオールスターズ





伝説のバンドサザンオールスターズ。数々の大ヒット名曲を出し続け日本人で知らない人は少ないでしょう。ボーカル、ギター桑田佳祐さんを筆頭に関口和之/ベース、コーラス、ボーカル、松田弘/ドラム、コーラス、ボーカル、原由子/キーボード、ボーカル、コーラス、野沢秀行(毛ガニ)/パーカッション、コーラスのメンバーです。後に桑田佳祐さんと原由子さんが結婚して話題になりました。1970年代後半から現在に至るまで長期に渡って活躍しています。

1978年勝手にシンドバッドでデビューして、いとしのエリーは1979年3月25日に発売のサザンオールスターズ3枚目のシングル曲でオリコンでは2位でしたが、累計125万枚を売り上げる大ヒット曲となりました。

当時の人気テレビドラマふぞろいの林檎たちの主題歌に採用されています。

現在桑田佳祐さんの食道ガン報道されていますが心配です。長期治療療養が必要とのことで、しっかり直して復帰を期待しています。

無事復帰おめでとうございます。

夢の中へ 斉藤由貴



夢の中へは、井上陽水さんの代表名曲を1989年斉藤由貴さんがカバーししたシングル曲で、20万に枚近い売り上げとオリコン17位を記録して斉藤由貴さん自身最大のヒット曲となりました。

悲しみよこんにちは 斉藤由貴



悲しみよこんにちは、1986年3月アイドル斉藤由貴さんがにリリースした5枚目のシングルで、オリコン3位を獲得。斉藤由貴さん自身「夢の中へ」に次ぐ2番目のヒット曲となりました。

作曲は玉置浩二さんが担当しています。当時のアニメ「めぞん一刻」の主題歌ともなっています。

卒業 斉藤由貴



卒業は1985年斉藤由貴さんのデビュー曲で大ヒットしその後女優・アイドル歌手として数多く活躍しました。テレビドラマスケバン刑事の初主演でも人気を得て女優としても成功しています。明星食品の青春という名のラーメンのCM1989年にも採用されています。

近頃テレビドラマで久しぶりに小公女セイラや同窓会ラブ・アゲイン症候群で拝見しましたが、容姿が昔より全然変わっていないのですぐに斉藤由貴さんだと分かりました。

勝手にしやがれ 沢田研二



勝手にしやがれは沢田研二さんの19枚目のシングル名曲で、オリコン1位を獲得して時の過ぎゆくままにに次ぐ2番目の売り上げを記録しました。第19回日本レコード大賞の大賞受賞曲でもあります。

勝手にしやがれは当時の人気アイドルピンクレディーの「渚のシンドバッド」と競っていました。

時の過ぎゆくままに 沢田研二



時の過ぎゆくままには、1975年沢田研二さんの14枚目のシングルで92万枚の売上を記録しました。チャート最高順位でも5週連続1位を獲得しています。第6回日本歌謡大賞 放送音楽賞、第4回FNS歌謡祭 下期優秀歌唱賞、第1回あなたが選ぶ全日本歌謡音楽祭年間話題賞を受賞し、沢田研二さん自身最大のヒット曲となりました。

スローテンポで大人のムードが漂う名曲だと思います。

危険なふたり 沢田研二



ニックネームのジュリーが有名の超ビックスター沢田研二さん。ヒット名曲も数知れず伝説の歌手といっても過言ではないでしょう。1967年デビューのザ・タイガースの元メンバーです。1971年君をのせてでソロデビューしました。

危険なふたりは、1973年沢田研二さんの6枚目のシングルで65万枚のヒット。初のオリコンチャート1位を記録しました。第4回日本歌謡大賞・大賞、第15回日本レコード大賞・大衆賞、第6回日本有線大賞・歌唱賞等多くの賞を受賞しました。沢田研二さんのファッションもこの曲を機に注目され以後活用されました。

夏のお嬢さん 榊原郁恵



榊原郁恵さんは1977年私の先生で歌手デビューした、アイドルで歌手で女優、タレントでもあります。当時同期デビューの高田みづえさん、清水由貴子さんと共に「フレッシュ三人娘」と言われ活躍しました。後の1987年俳優の渡辺徹さんと結婚して渡辺 郁惠さんとなっています。

夏のお嬢さんは1978年7月1日発表の夏のヒット名曲で当時良くかかっていました。

グラマーなボディーが魅力的で、よく水着での活躍機会も多かったようです。榊原郁恵さんといえば、健康的で明るいイメージが強く印象です。

ヤングマン YOUNG MAN(YMCA)西城秀樹



ヒデキこと西城秀樹さんのヤングマン ワイ・エム・シー・エーは1979年2月にリリースされた西城秀樹の28枚目のシングルで、オリコンの集計で80万枚を超す売り上げ、累計売上でも180万枚とミリオンセラーを記録を達成した西城秀樹さんの最大のビックヒット名曲となりました。

YOUNG MAN (Y.M.C.A.)ヤングマン ワイ・エム・シー・エーは、当時アメリカのディスコミュージックY.M.C.A.のタイトルでヒットしていたヴィレッジ・ピープルの曲をアレンジしたナンバーです。第10回日本歌謡大賞、第8回FNS歌謡祭・グランプリ、第12回日本有線大賞・有線音楽賞など数多くの賞を総取りしています。

Y.M.C.A.と歌う際の振り付けも話題になりブームになりました。

情熱の嵐 西城秀樹



知らない人はいないと思う「ヒデキ」の愛称でお馴染みの伝説のアイドル西城秀樹さん。1972年3月25日にシングル「恋する季節」で歌手デビューしました。当時歌謡界に旋風を巻き起こしたビックアイドルです。郷ひろみさん、野口五郎さんと共に「新御三家」と呼ばれ話題になりました。 

情熱の嵐は西城秀樹さんの1973年5月、5枚目のシングルで初のオリコンチャート入り6位を記録しました。この曲の中で君が望むならと歌うとヒデキー!のコールがかかり当時ブームになりました。

後のハウスバーモントカレーのCMでの「ヒデキ、感激」などのセリフが現在まで語りつがれ名言となっています。

アメリカンフィーリング サーカス



アメリカン・フィーリングは、サーカスの1979.05.25に発表されたJAL"COME TO AMERICA'79"キャンペーンソングです。オリコンでも5位を記録しています。

歌詞はJALのCMソングに作られた為内容は企業ぽいですが、私はサーカスの曲の中ではさわやかで一番好きな名曲です。

Mr.サマータイム サーカス



サーカスは、1978年にデビューしたコーラスグループで叶正子さん、叶高さん、叶央介さん、原順子さんというメンバーで、三人姉弟と従姉という男女2人ずつのヴォーカルグループです。

Mr.サマータイムは、1978年3月25日にリリースされたシングルでミシェル・フュガンのカヴァー曲です。オリコン1位を獲得してグループで最大のヒット曲となりました。カネボウ'78夏キャンペーンソングにも採用されています。

Mr.サマータイムは不倫をテーマにした大人のムードが漂うような名曲だと思います。

わたしの青い鳥 桜田淳子



桜田淳子さんは秋田県秋田市出身で1993年まで女優、歌手として活躍しました。当時森昌子さん・山口百恵さんと共に花の中三トリオとも呼ばれていました。背が高く、スタイルも良かったためグラビアアイドルとしても活躍しました。その他コメディ番組、女優としても多く出演していました。

わたしの青い鳥は1973年8月にリリースされた3枚目のシングルヒット名曲で、第15回日本レコード大賞・第4回日本歌謡大賞など各音楽賞の新人賞を獲得しました。

SEOSEOツール

アクセスランキング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。